<箕と環 -MINO TO WA-とは>

「箕と環-みのとわ」は、東京は神田に構える飲食店です。

2008年にオープンした地域活性のための店「なみへい」の後継店として、

2019年(令和元年)8月15日(木)、気持ち新たに立ち上げました。

・日本の生産者や事業者を応援したい!

・地元や地域を応援したい人達の力になりたい!

・自分たちも日本の食を楽しみたい!

という思いを胸に、

今までお世話になっている生産者・事業者の方、

全国各地に居住する知人など全てご縁のある方々からの協力のもと、

「東京で食べられる日本各地の料理」を展開していきます。

<店名の由来>

「箕(みの)」とは農作業の用具の一つで、

取っ手付きのざるのようなものです。

収穫した作物の余分な部分を風に運ばせるという、

収穫後に最初に行う作業であり、「基本」です。

人としての基本。

自然や食物に対する敬いや感謝の気持ち。

スマホもいいけれど、いつの時代でも人としての基礎や根底の部分を大切にしたい。

「挨拶をする」とか「目を見て話す」とか、当たり前のことこそ大切にしたい。

そんな思いを込めてお店の名前に箕(みの)を選びました。


「環(わ)」が意味するのは「循環」です。

空気が雲となって雨が降り、やがて川となり海へと流れこむ。

そんな自然の摂理のように、

いただいた恩や縁は循環させていきたい。

与えてもらった恩恵を自分たちだけのものとして留めることなく、

関わってくれた人たちに還元していきたい。

欲張らず、威張らず、人の縁をしっかり大切にしたい。

そんな思いで「環(わ)」をつけました。

<目的>

日本各地の「生産者」「事業者」「地域を応援する人」を

楽しく応援することを目的としています。

「人と食を通じて、お店に携わる全ての人の成長と発展の力になること」

この2つを目標として進んでいきます。

自分たちにはできない大きなことをしなくても、

目の前にいる人たちと長く深く関われることが私たちの喜びです。

✳︎ 店名の「箕」の読み方に関して ✳︎
「箕」の本来の正しい読み方は「み」なのですが、店主の勘違いで「みの」と読んだままお店を育て始めてしまったので、ちょっと強引ですが当店は「箕と環 -MINO TO WA-」と読ませていただきます。
親しみを持っていただければ嬉しいです。

今月のメニュー

<釜石定食>1,130円(税込)

釜石市は岩手県南東部に位置する市で、三陸海岸の中心にあります。

東日本大震災では大きな津波の被害を受けました。

今回の定食では事業化してから昨年初めて水揚げされたサクラマスや、

三陸で揚がった海産物を扱うマルワさんから海藻などを使用した定食を提供します。


<サクラマス>

 サクラマスは、サケ・マス類の中では一番おいしいとされている高級魚です。 釜石市では、近年そのサクラマスの試験的な養殖に取り組み始め、“釜石はまゆりサクラマス” としてPRをしています。脂乗りがありますが、その脂もしつこくなく、さらっとしているのが特徴です。

<めかぶ>

めかぶとは、わかめの根本の部分。 三陸海岸一帯がめかぶの主な産地です。「三陸めかぶ」として ブランド化されている春先の旬菜です。 黄身を溶いてごはんとともにお召し上がりください。

<茎わかめ>

茎わかめはその名の通りわかめの茎部分を指します。

コリコリとした食感が特徴です。

わかめの水揚げ量全国一位の、岩手県の名産品です。

今定食では、茎わかめの炒めものをどうぞ。



<石狩ニシン定食>1,200円(税込)

北海道石狩市は、札幌市の北に隣接するの人口6万人弱の自治体です。石狩湾で揚がる豊富な海産物が特産品の一つで、中でもニシン漁の歴史は古く、100年以上前がニシン漁の最盛期でした。今月は時間を経て、

再繁栄をみせる石狩のニシンの特集です。


<鰊(ニシン)>

今定食のメインは鰊(ニシン)です。昔は石狩の漁獲量を代表するほどの水揚げ量があったニシンですが、徐々に漁獲量が減り、一時は”幻の魚”と呼ばれていました。昨今では、稚魚の放流などの漁業関係者の資源回復への努力も実を結び、漁獲量は回復傾向にあるようで、ニシンは石狩市の特産品です。

かつて、ニシン漁で経済的に潤ったことから、鰊御殿(にしんごてん)なる邸宅も北海道内各地に建てられています(鰊御殿の定義は複数存在し、別の説もあります)。

北海道の春の訪れを告げる旬魚です。

今定食では、ニシンの刺身、塩焼き、あんかけ唐揚げの三点盛りをお召し上がりください。



<福島定食>1,200円(税込)

<幸せに育った豚>

一般的な現代の養豚は、効率的に豚肉を生産するために一生を豚舎で過ごす豚が多いようです。

この幸せに育った豚は、耕作放棄地で放し飼いされており豚にやさしい環境で自然に放牧されています。豚舎ではなく土の上での飼育は、豚による土堀りや運動などで耕作放棄地の開墾にもなっています。肉の味が濃く、甘みがあるのが特徴です。

生産者の元に特定の部位だけが余ってしまう在庫緩和のため、部位をおまかせで送っていただいています。そのため調理法は日替わりとさせていただきます。ご理解をお願いいたします。

<野菜>

福島県いわき市の天空のさとやまさん。原発事故を経験したからこそ安心できる食べ物を残したいと、環境負荷のかからない方法で無農薬野菜やオーガニックコットンの栽培をされています。

無農薬の新鮮な直送野菜をせいろ蒸しでお召し上がりください。

少量の野菜を買いたい方はご相談ください。

注文の際、多めに生産者さんにお願いします。



<おまかせ日替わり定食>1,000円(税込)

過去評判の良かったものやおすすめの食材を使った日替わり定食です。

その日の内容はスタッフまでお尋ねください。



SNS