<箕と環 -MINO TO WA-とは>

「箕と環-みのとわ」は、東京は神田に構える飲食店です。

2008年にオープンした地域活性のための店「なみへい」の後継店として、

2019年(令和元年)8月15日(木)、気持ち新たに立ち上げました。

                ・日本の生産者や事業者を応援したい!

                ・地元や地域を応援したいという気持ちをもつ人達の力になりたい!

                ・自分たちも日本の食を楽しみたい!

という思いを胸に、

今までお世話になった生産者・事業者の方、

全国各地に居住する知人など全て縁のある方々からの協力のもと、

「東京で食べられる日本各地の料理」を展開していきます。

<店名の由来>

「箕(みの)」とは農作業の用具の一つで、

取っ手付きのざるのようなものです。

収穫した作物の余分な部分を風に運ばせるという、

収穫後に最初に行う作業であり、「基本」です。

人としての基本。

自然や食物に対する敬いや感謝の気持ち。

スマホもいいけれど、いつの時代でも人としての基礎や根底の部分を大切にしたい。

「挨拶をする」とか「目を見て話す」とか、当たり前のことこそ大切にしたい。

そんな思いを込めてお店の名前に箕(みの)を選びました。


「環(わ)」が意味するのは「循環」です。

空気が雲となって雨が降り、やがて川となり海へと流れこむ。

そんな自然の摂理のように、

いただいた恩や縁は循環させていきたい。

与えてもらった恩恵を自分たちだけのものとして留めることなく、

関わってくれた人たちに還元していきたい。

欲張らず、威張らず、人の縁をしっかり大切にしたい。

そんな思いで「環(わ)」をつけました。

<目的>

日本各地の「生産者」「事業者」「地域を応援する人」を

楽しく応援することを目的としています。

そして

「47ページ全てのメニューを、縁のある人と共同で完成させること」

「人と食を通じて、お店に携わる全ての人の成長と発展を後押しすること」

この2つを目標として進んでいきます。

自分たちが目の届かなくなるような大きなことをしなくても、

目の前にいる人たちと長く深く関われることが私たちの喜びです。

✳︎ 店名の「箕」の読み方に関して ✳︎
「箕」の本来の正しい読み方は「み」なのですが、店主の勘違いで「みの」と読んだままお店を育て始めてしまったので、ちょっと強引ですが当店は「箕と環 -MINO TO WA-」と読ませていただきます。
親しみを持っていただければ嬉しいです。

Instagram

Twitter